桜新町|ラポール歯科クリニック|院長ブログ

» 2012 » 10月のブログ記事

医療人としての覚悟

| 未分類 |

風邪に注意!ラポール歯科、栗田です。

歯科医の殆どが開業医となる常識が、近年変化してきた。景気の低迷、

歯科医が過剰に作りだされた?都心部には歯科医院があふれている。

それにつれて、自然と勤務医が多くなります。だから勤務医だって競争

ですよ。きちんと治療できて当たり前、スタッフを指導、牽引し、マネージメント

能力、試される時代です。

しかし、実際はサラリーマンドクターが増えてきています。

毎日指示された事、診療行為を淡々とこなし、定額の給料をもらう。

またプライドばかり高く、言われたことすらできない、指導なんてもってのほか、

自分自身の人間性まで疑われてしまう輩も、存在すると言う。

僕らは医療を生業とする商売だ、医療は日々進化し変化を伴う。

毎日同じ事をしても患者さんによって反応はさまざまだし、結果も違う。

常に学び続けなくてはならない過酷な仕事だ。

ここでもう一度、歯科医になった目的、医療人としての覚悟を思い出して

もらいたい。

先生と呼ばれる仕事に就いているなら、人間性はもとより、尊敬される

立場にいなくてはならないと考えている。

覚悟がなければ、現状維持の退屈な毎日の繰り返しだぞ!

患者さんと何かトラブルがあるから嫌だ、リスクのある処置はしたくない、

変な患者は診たくない!

どんな難しい処置、簡単な処置でも患者さんは、完璧を求めてくるんだよ。

医療行為とはそういうもの。

それに疲れたなら、極論、人を診てはいけないと思ってる。

少しだけの小休止ならいい。登ってこい!

金属床義歯

| 未分類 |

寒くなりましたよ、ラポール歯科クリニック、栗田です。

今年は、抜群にインプラント希望の患者さんが少ないです。

様々なメディアの影響もあり、の結果なのでしょうね。

決して心配される様な事は、一部の歯科医師によってのことです。

ただし、患者さんにはその一部の歯科医師なのか?判断できにくい

ですよね。

やっぱり、説明じゃないでしょうか?

膝をつき合わして話しみたら、なんとなくわかりましよね?

ハッタリだけの経験の乏しい先生はでますよね。態度に。

インプラントの希望が少ない分、義歯が多いです。

これは、保険ではできない。上顎を金属で覆ったものなんです。

温度変化を感じやすく、とても薄く丈夫に作製できる、メリット

があります。

image

秋はどこにいった?今年、秋、ありましたか?ラポール歯科、

栗田です。

今日は、朝から、スカイツリーの根本あたりの曳舟という所

で仕事です。

最近、インプラントの上部構造が破折し、修理をするケース

があります。インプラント自体の耐久性は、高いですが、

被せ物は過酷な状態にさらされている為、残念ながら破折

することもあります。

そのことをもう少し詳しく術前に説明する必要性を多いに

感じています。

インプラントには、天然の歯の様に、クッション作用がありません。

通常の差し歯より、負担過重なのです。

しかし、その事が患者さんには、あまり伝わっていません。

患者さん心理からは、高いお金を払ったのに、すぐかけたり、

割れたりとなるわけです。

システムで解決するか?術前の段階での説明がかなり重要ですね。

image

雨降りですね。ラポール歯科クリニック、栗田でございます。

更新が滞り申し訳ありません。何を隠そう、パソコンがかなりの重症です。

だましだまし使用してきましたが、そろそろ限界です。

今は、最近購入した、iPhone5から入力中です。

現在、メインで使うしかない状態なんです。

だってiPhoneのほうが、サクサク動くからなんです。

LTEというやつなんですか?

詳しくありませんが、4より完全に早すぎます!

まわりを見渡すと、こんなに僕のまわりにはアップルがいたかと、

パット、タッチ、iPhone、何故か?パソコンだけ、VAIO。

今度は、もちろん、アップルで

カレンダー

2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー