桜新町|ラポール歯科クリニック|院長ブログ

» 2012 » 8月のブログ記事

桜新町商店街

| 未分類 |

今日も暑いな!朝起きると背中が痛む、腰痛か?石でも貯まっているか?

ラポール歯科クリニック、栗田でございます。

当院はサザエさん通りにあり、商店が多く存在します。通りだけでも5軒の歯科医院があります。

そのほとんどが、桜新町商店街に属しています。

元々地元だった僕は、医院の周りに同級生がいます。そば田中庵、文具のオリタ、昭和寝具

の小山田君。これらはすべて桜新町商店街に属し、なお青年部にも属します。

仕事の性質上、開業当初は商店街に属するか?考えましたが、同級生の強い説得にあい

加入した記憶があります。

商店街の影響力は凄まじく、地域で強い力を感じます。青年部は、年齢制限があるため、

若い3人の歯科医だけが集まります。まつなが歯科、僕、にしかわ君。

歯医者三兄弟なんて言われています。開業の順番から僕は次男坊のようです。

桜新町には、何万人も集めるお祭りが二つあり、春の桜祭り、秋のねぶた祭りです。

この他にも定期的にイベントが開催され、商店街の認知と発展に寄与しています。

今年度から、商店街の理事の面々がほぼ、青年部で固められつつあります。

実質、イベントを動かしているのは青年部でしょう。

もうすぐねぶた祭りです。今年は、サザエさんの銅像ができた事もあり、多くの人が

訪れるのではないでしょうか?

僕は子供ねぶたの担当です。小さなお子様はこのねぶたを引けますよ!

桜新町と背中に書いてある緑の半纏を着ています。サザエさんねぶたの後ろです。

僕を発見しましたら、お声かけください。ねぶたでお子様と記念写真でも。

実際に動かして、みましょう!

この歳になると

| 未分類 |

暑すぎです、太陽!ラポール歯科クリニック、栗田です。

先日、インプラントの補綴を開始しようとしたら、ヒーリングキャップのねじ山が破壊し、外す事

ができなくなりました。

今までも同じ事はありましたが、粘って回しているととれていましたので気にしておりませんでした。

しかし今回は何度トライしてもねじ山が完璧になまってしまったようです。

こんな時に使うキットがそろっています。メーカーには、、、、、、、、、

もちろん、カタログには載らないキットです。

使うのはもちろん初めて、マニュアルもある、、、、そんなに多いトラブルなのか?

キャップを改良したほうが、、、、、、

なかなかとれない。

診療でヒヤヒヤする事など少なくなった昨今、さすがに慌てる。。。。。。

とれた、よかった。すぐ、印象に移る。

トラブルなどと言えないほどの出来事だったが、マニュアル通りやってもおこる変化。

メーカーサイドに問い合わせしたら、よくある事との事、なぜ情報を開示しないのか?

初めからそんな情報、ユーザーに伝えないな、きっと。

IMG_0421IMG_0439

患者さんの権利意識

| 未分類 |

今日も暑いです、体調はいかかですか?ラポール歯科、栗田です。

先日、他医院の勤務で患者さんと色々あったことをふまえ、お話しします。

その患者さんは保険外の診療を多くしている患者さんでありました。今は退職した分院長が

担当していました。被せ物をし、短期間で白い部分が一部チップしてきたそうです。

以前より、スタッフや勤務医から診療を受ける態度がよろしくない事はカルテや話で聞いておりました

今回は僕が担当する事になり、約束時間になり診療室に入るなり、”早くやれ!”との事。

患者さんとの信頼関係(ラポールの形成)は崩壊しているか、形成を試みても無理と

判断しました。

今の時代、この方の様な権利意識を過剰にもっている方がとても増えていると感じます。

教育現場での、モンスターペアレンツ、医療現場での、モンスターペイシェント。しかり。

確かに、短期間での破折はどうして?納得いかない!気持ちは理解します。

しかし、僕らは物売りでない、生体という常に変化しているものに対して治療を施している

訳です。ゆえに不幸にもこのようなケースはある事なのです。

勿論、保障期間ですので、無償で再製作する事は説明していました。にもかかわらず、、、、

この態度。。。。費用を多く出しているから何でも要求していい!は間違いです。

患者減少に苦しむ歯科医院は多いと聞きます。しかし、患者の言いなりになるのは、プロ

として恥ずべきことだと思います。患者が望んでいなくても処置をした方がいいと説明する場合

もありますし、ましてや利益の為に診療判断がにぶるようではいけないと思います。

今は、医療コーディネーターやカウンセラーが費用の話や、治療の詳細を説明する医院も

あるかと思いますが、責任を背負い実際に診療にあたるのは、僕達です。

この様に義務を果たさない患者さんを診て行く事が、お互いにとってハッピーな事でしょうか?

患者と歯科医の関係性は対等です。どちらかが優位に立つと、その関係性は崩壊します。

昔の歯科医は、良くも悪くもはっきりしていた。出来るものはできる。出来ないものはできない。

極論、診療拒否も考えて仕事にあたらなくてはならない時代なのかもしれない。

ねぶたまつり

| 未分類 |

御無沙汰しております、ラポール歯科、栗田です。

9月8日(土曜日)に桜新町でねぶた祭りが開催されます。個人的にこのイベントが

一番好きです。毎年お祭りのお手伝いをしている為、外から眺める事はできませんが、

人出も多く盛り上がります。

医院が二階にある為、ベランダからはベストポジションなのですが。。。。。。。

昨日はこの打ち合わせが白熱し、午前様となりました。だから今日は眠い!

小さいお子様は、4時過ぎから大道芸が始まりますので、楽しいかも。。。

カレンダー

2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー