桜新町|ラポール歯科クリニック|院長ブログ

» 2012 » 5月のブログ記事

上に立つ者として

| 未分類 |

今晩は、ラポール歯科クリニック、栗田です。

小さいながら歯科医院などをやっていると、もちろん一人でできる訳はなく、アルバイトさん

だったり、常勤の社員さんを雇う事になります。

立場上、僕より上はいなく、皆僕の部下となります。

では、上に立つ者として備えていなくてはならない素養とは何でしょう?

人間的に豊かであること、相手のレベルまで合わせて考えてあげられる、ありがたい

と思ったことは必ず声に出し伝える、楽しく働ける雰囲気を作る、異性の体調を把握し

心配してあげる、叱る時は愛をもって全力で、仕事中の指示がどうしてもキツイ言葉と

なりやすいのでフォローする。などなど、、、、、、、、、

仕事だけでも大変なのに、こんなに気を使っている。給料払ってんだから、言ったとおりにしろ!

言わなくてもわかるだろー!いちいち言わすな!考えて動け!解るけど違うと思う。

実際の現場は動いている。事件は現場で起こっているのだ。

雰囲気の良い診療所は上に立つ者が気を使って現場をコントロールしているのだ。

それはそれは、仕事だけに専念できたら言う事ないのですが、そこまでの環境に育てるまで

やはり、必要なんです。

自分の当たり前は相手には通じない事もあり、頼んだ事の半分できたら誉めてあげます。

長い年月で学んだこと。

上に立つ者として尊敬に値しない行動や発言は絶対にしません。

失うのは一瞬だから。

歯科医を指導する事

| 未分類 |

異常気象です?ラポール歯科クリニック、栗田です。

先日、インプラントの経験の少ない先生の助手を務めた。自分の医院の休診日を使い、

勤務医として働いている診療所での話。スカイツリーで話題の曳舟だ。

昨今のインプラント報道の影響があるにせよ、今、インプラントは欠損補綴の選択肢の

中で確固たる地位を築いている事は間違いないです。

ただし、メーカー主導で事が運ぶため、正常な人間性や技術が全ての術者に備わっているのか?

甚だ疑問に感じる。

実際、メーカーのセミナーには縫合のできない歯科医や、人間としての所作を疑う方に

よく出会った。

この現状が解決しない限り、インプラントトラブルはなくならないだろう。

これだけでも、歯科医のレベルに差がある事がわかると思います。

最低でも20症例以上は経験のある先生の助手を務めて、目を慣らすことと、アシスタント

に的確な指示を出せる事を目的とする。アシスタントをすると本当に色んなことが見えてきて

勉強になるのだ。

その次に比較的容易な症例を選び、経験のある先生に助手でついてもらい、オペをする。

必ずレポートを書き、復習する事。

何でもそうだが、背に汗かいて経験しないと技術は習得できない。

また技術だけではダメ、学術的な裏付けもきちんと頭に入れる。

そんな簡単にできると思っていたら困る。なめるな!!!!!インプラント。

夏になりますか?梅雨はいらないぞ、ラポール歯科クリニック、栗田です。

開業して9年目になりますが、僕も歳をとりますが患者さんも同じく歳をとります。

本日開業当初からきちんとメンテナンスに通い続けている患者さんが、全身的な問題で

通院が困難との相談がありました。

足腰の弱りと全身的な手術も控えているとの事。

当院はエレベーターのない二階にあり、必ず階段を上り下りしなくてはなりません。

どの医院さんでも患者さんの高齢化は間違いなく訪れる事。

まざまざと自分の出来る事の少なさ、日本の超高齢化を感じた。

インプラントもしている患者さん、歯科医として責任を持ち最後まで対応していく

つもりでしたが、限界がある事を知りました。

付添いの奥様が現在、御主人の口腔内ケアをしてくださっている。

今のところは、問題が起きそうなことはない。しかし、何かありましたら、すぐ電話をもらえるよう

お願いしました。訪問でも出来る限りはしよう。

今後の展開として、訪問が増えてきたら既存の診療所にいらしゃる患者さんに迷惑がかかる

可能性が出てくる。

諸先輩方も同じ過程を経験し、訪問をやめた先生の話を多く聞く。

僕の気持ちとは裏腹に、治療、管理できる期間は限られているのが、歯科治療なんだと。

また勉強させられました。

読みとばしをしていた、全身管理や、病院歯科の記事にもこれからはきちんと目を通して

行かなければ!

時間が足りない、まだまだ学ぶことが多いな~。

初めての同窓会

| 未分類 |

御無沙汰しております、ラポール歯科クリニック、栗田です。

GWもとっくに終わり、普段通りの生活をしております。本日、卒業して15年目になりますが、

大学の同級生から初めての同窓会のお知らせが届きました。

改めて月日の過ぎゆく事が早い事に驚き、また色々とあった15年だったと懐かしくも

感じました。

母校のある札幌での開催との事、こちらにいるとなかなか札幌は遠くて、、、、、

どうしようか?非常に悩んでおります。

関東の同窓生とは、個人的に勉強会を開いているので、会う機会は結構あります。

学生時代より、間違いなく太った友達、貫禄がついたというか、メタボ?

確認に行こうかな。。。。

カレンダー

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー