桜新町|ラポール歯科クリニック|院長ブログ

» 2009 » 11月のブログ記事

歯科医学の進歩

| 未分類 |

今年はよくセミナーに行く機会がありました。

先日、インプラントのセミナーを受講しました。驚いた事に今まで自分自身でやっていた事が

否定されていたりもした。驚きでもあったが、患者さんに申し訳ないと思った。

日々変化することを患者さんに施している以上、仕方ない事とはいえ、最先端な治療をしているのだなと

実感し、医療の大変さや難しさも感じました。

いったいまだ確立されていない技術を行う事は悪なのか?しかし方法がそれしかない。

エビデンスがないことを行うべきではないとの論もある。今まで散々議論されてきた事かも

しれないが、両方正論ではある。新しい事をしなければ、術者としてのスキルを得る事はできないし、

今後にいかすデータも取れない。確立されるまで待てば、もっと快適にお過ごしになれたかもしれない

治療ができず、限定された治療になる。

今後も悩みながらの答えの見えないゴールをめざすのか?

歳とともに変わるものか?          まだわからない。

SANY0286昨日、我が桜新町商店街でボーリング大会がありました。

僕は青年部に属していて、初めての幹事をやりました。店の予約や会費の徴収など

今まで他人任せにしてきた為、いざ自分でやると大変なこと。

その時に色々とアドバイスしてくれる青年部メンバーの優しさ。。。

正直、うっとうしいな~なんて感じた時もありました。しかし今回の経験で、微力ながらも

協力していきたいな~と強く思いました。

幹事のくせに2位にもなり、景品をいただきました。

以前からお話しているように、歯科医はあまっている。しかしながら、この不況下において、

テナントを求めるのは、美容室、接骨院、歯医者だそうです。

この桜新町にも、今年一軒歯医者ができました。にもかかわらず、同じ通り沿いにもう一軒

できるそうです。

 

患者さんが激減し、閉院している所はかなりあるようです。

それとともに僕らの業界に異業種からの参入があり、経営セミナーが満員御礼だそうです。

そのセミナーでは、これからの時代は盛んに予防だ、予防だ、と教育されるようです。

お陰様で、当院は元々歯に関心の高い患者さんが多いため、自然と予防の必要性が定着しつつ

あります。

これは、経営的に意図したことではなく、歯にとって良いことですと、言ってきたことが、患者さんに

理解してもらっていると自負しております。

最近、歯科以外の話題を更新していましたので、今日は歯に関するお話です。

皆さん被せ物と言ってもただ被せている訳ではありません。きちんと長持ちさせるために

元々の歯を補強してから被せているのです。

だから二重構造になっているのです。

その補強材をコアといい、金属製とグラスファイバー製があります。

当院では、金属製は極力使わず、グラスファイバーのものを多用します。

もちろんこの材質の方が、歯にとても相性が良く長持ちします。

何年かして被せ物のふちが黒く見えるのがほとんど、土台が透過している為です。

本当に歯を大事に考えているなら、見た目の美しさもさることながら、内部の土台にも

こだわり、末永くお使いいただけます。

SANY0283

カレンダー

2009年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー